HOME>クチコミ>どの肌質でもスキンケアに1番大切なのは「保湿」

どの肌質でもスキンケアに1番大切なのは「保湿」

化粧品

肌の調子が悪いと、見た目の印象も悪くなってしまい、自分に自信がもてなくなってしまいます。まだ若い人はなおさら肌の調子に悩まされやすいでしょう。肌の悩みで困っている方は、まず始めにスキンケア方法を工夫してみましょう。

この話題の口コミ

保湿に特化した化粧水とかに変えたら、ニキビが治ったんです。【10代/女性/学生】

ニキビがなかなか治らないのが悩みで、ニキビを治すためには、やはり肌の汚れ、余計な皮脂を取り除くことが大事だと感じて、毎日しっかりと洗顔を行っていました。余計な皮脂や汚れを落として清潔にしておけば早く改善すると信じていたのですが、毎日ケアを続けているにかかわらずあまり良い改善を得られていませんでした。そこで、スキンケア方法を調べてみたところ、ニキビには肌の乾燥も良くないということがわかり、肌を洗いすぎていたこと、その後の保湿を怠っていたということに気づかされたのです。そこで、洗顔は洗浄力のマイルドな石鹸で優しく洗うようにし、その後は保湿に特化した化粧水でしっかり潤すようにしたのです。肌が乾燥しているとさらに皮脂の分泌が増えるとのことで、肌に水分をきちんと与えるようなお手入れに切り替えたところ、皮脂のバランスも良くなったのか、ニキビが少しずつ減っていき、今ではかなり目立たなくなりました。今後も保湿はしっかりと行ってきれいな肌を守っていきたいです。

なんだか、お肌がしっとりモチモチしてきました。【20代/女性/美容職】

美容の仕事に就いていることもあり、日頃からメイクには気を使っていたのですが、肌のためにはメイク汚れはしっかりと落としておく必要があります。そこで、クレンジング力の強いオイルクレンジングでメイクを落とし、さらに洗顔で肌の汚れを落としていたのですが、肌が少しずつ衰えていくのを感じていました。最近ではニキビができたり、肌の毛穴が目立つようになったりしていたのですが、もしかして、クレンジングや洗顔で肌に必要な潤いまで落としているのではと気づいたのです。そこで、スキンケアを見直すことにし、クレンジングや洗顔はよりマイルドなものにし、肌をゴシゴシこするようなお手入れはやめました。もともと、オイリー気味の肌だったこともあり、保湿はあまり重視していなかったのですが、油分は多くても実は水分が足りていないということもわかり、化粧水やシートパックで保湿を重視するケアに変えてみました。保湿を続けたところ、肌も以前よりしっとり、もちもちとし、気になっていたニキビや毛穴も目立たなくなってきました。肌の状態も良くなり、以前よりもメイクの乗りも良くなったように感じます。